日本国内でも育毛効果が実証されていると評判のミノキシジルタブレットですが、副作用として多毛症になってしまうというデータもあるので簡単に服用を決意しない方がいいでしょう。また、人によっては勃起不全症候群になってしまったという報告もされているようなので、パートナーとのセックスが何よりも大事だと考えている人は特に気を付けなければいけません。

■なぜEDになるのか
そもそもEDというのは血液がうまく循環していないことが原因となって発症する病気なので、薬を飲んだことによって何らかの悪影響が出てしまっていると考えられると言えるでしょう。薄毛を治して色々な女の子を口説こう!と思っている人ならば、せっかく見た目が良くなったのに勃起できなければ何の意味もなくなってしまいますし、慎重に選んでいく必要があります。

ただ、誰しもがEDになるといったことはないようで、服用者の5%程というのが正しい数字のようです。もっとも、打ち明けていない人たちも相当数いるはずなので数字は変動する可能性もあるでしょう。どうせならば副作用が何もない薬を飲みたいなあ…。

と考えてしまうかもしれませんが、育毛というのは簡単にできるものではありませんし、ある程度のデメリットは覚悟しておくべきです。お金に余裕があるのならば高名は育毛クリニックに通うのもいいでしょう。しかし、植毛したにも関わらずすぐに抜けてしまったという話もよく耳にするので踏ん切りは付けにくいでしょう。

ミノキシジルタブレットとEDの因果関係について考えていく

■性欲減退効果について
ミノキシジルタブレットを飲み続けていると性欲が減退してしまうという話もあるのですが、よくよく考えてみるとそもそも男性の性欲というのは10代後半がピークと言われています。多くの人たちが薄毛を気にし出すのは30代後半あたりからと考えられますし、それくらいの年齢になっているとそもそも薬の副作用云々は関係なく性欲が弱ってきているも考えられるでしょう。

アナウンス=飲む育毛・発毛剤『ミノキシジルタブレット10mg』の個人輸入ならアイドラッグマート http://www.idrugmt.asia/kaizen/noxidil10.html

もっとも、人によっては何歳になっても強い性欲を保持したまま生活している人もいるので、そのような人がミノキシジルタブレットを飲んだことによって大人しくなると主張することもあるかもしれません。しかし、どちらにせよ個人差があると言わざるを得ない結果なので性欲に関しては人それぞれになってしまうでしょう。

人間は年を取れば女性を抱きたいとあまり思わなくなりますからね。最近あまりパートナーに魅力を感じなくなったのは、薬を飲んでしまっているせいに違いない!という風に責任転嫁をする男性もいますし、情報を正確に把握するのはなかなか難しいでしょう。

■年齢によって異なってくる
ミノキシジルタブレットを飲むと確実にEDになってしまう!という風に断言はできませんが、可能性としては充分に有り得ます。しかし、それはどのような育毛剤でも同じかもしれません。そもそも自然には生えてこなかった髪を無理矢理生やすというのは少しばかり身体にとっても不自然ではあるので、異常を感じて身体の機能に不具合が起きたとしても不思議ではないでしょう。

勃起しなくなるくらいだったらハゲてる方がマシだ!と思う人たちもいるかもしれませんし、どのように服用するのが最適なのかは人によって違ってくるのでよく考えてみてください。そもそも元からセックスする相手もいないし、性欲もあまり無いという男性ならば服用したとしても困ったことにはならなそうですし、育毛に専念することができて良いかもしれませんね。